すなめりくんの読書ブログ

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

【心の森林浴】 世界はもっと美しくなる -奈良県少年刑務所詩集-

「世界はもっと美しくなる」奈良県少年刑務所詩集 

詩:受刑者

編:寮美千子

世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集

世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集

 

 

受刑者たちの固く閉ざされた心の扉が開かれたとき、溢れでてくるのは、人への思いやり、純粋さや優しさ。こんな子たちがなぜ犯罪者になってしまったのか。心を耕されることなく荒れ地で育った子どもたち。奈良県少年刑務所の「社会性涵養プログラム」は、荒れ地に水を注ぎ、耕し、彼らに本来の「人間らしさ」をとりもどさせた。変貌を遂げた受刑者たちが紡いだ詩集。(裏表紙より引用)

 

 奈良県少年刑務所は、10代半ば~20代半ばの受刑者が収容されています。しかし一般の少年院とは違って、殺人、放火、レイプ、薬物などの重い犯罪を犯した人が収容されているそうです。

 

 僕は、寮美千子さんの本に出会うまで自分の中での凶悪犯罪者のイメージが凄く出来上がっていました。しかし、それが偏見であるということを、学ぶことができました。

 きっと、殺人やレイプを犯した人間たちに、上記した裏表紙のようなことがあり得るのか?信じられないというのが普通だろうと思います。ぜひ、本書を読んでいただき、それを自らの目で、心で感じていただけたらと思います。読後は、心の森林浴というか、心が洗われたような感覚が得られると思います。

 僕は、この本に出会ったことで、全ての人間は、基本的によい人なのだと、信じることができるようになりました。そして、それは教員として、親として、1人の人間として、これからの人生を生きていく自分にとって大きな財産になると確信しています。

 

こちらもあわせてオススメします!

sunamerikun.hatenablog.com