すなめりくんの読書ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

【心の森林浴】 美しすぎる青春小説 「くちびるに歌を」

物語-青春小説 こころの森林浴 物語

 くちびるに歌を

著者:中田永一

くちびるに歌を (小学館文庫)

くちびるに歌を (小学館文庫)

 

 長崎県五島列島のある中学校に、産休に入る音楽教師の代理で「自称ニート」の美人ピアニスト柏木はやってきた。ほどなく合唱部の顧問を受け持つことになるが、彼女に魅せられ、男子生徒の入部が殺到。それまで女子部員しかいなかった合唱部は、練習にまじめに打ち込まない男子と女子の対立が激化する。一方で、柏木先生は、Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、15年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課した。そこには、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた。(裏表紙より引用)

 

とにかく美しい。

終盤に起こる美しい奇跡に涙せずにはいられなかった。

 

青春っていいな、と改めて思える1冊。

間違いなく、これまで読んだ小説の中で屈指の1冊。

青春ってなんだっけ?懐かしいなあ、というおじさん世代にこそ、すごくお勧めしたい1冊。