すなめりくんの読書ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

【テンポの良いおすすめの推理小説】 ゲームの名は誘拐(東野圭吾)

 ゲームの名は誘拐

作者:東野圭吾

ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)

ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)

 

敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰された。葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。「ゲームの達人」を自称する葛城に、二人はプライドをかけた勝負を挑む。娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、身代金三億円の奪取を狙う。

(裏表紙より引用) 

 

  「白夜行」や「容疑者Xの献身」などいわゆる『重厚な本格派推理小説』とはちょっと違います。僕は、ガチガチ推理小説は好きなんですけど、疲れるので最近はあまり読まないんです。

 

 この小説は、コアな推理小説好きじゃなくても気軽に万人が楽しむことができる推理小説です。魅力は、テンポの良さ(スイスイ読める)と娯楽性の高さ(ワクワクドキドキ)

  特にこの作品の大きな魅力要素となっているのが人質役の「樹里」。小悪魔とはこの子のことか!(笑)という感じで、言動にドキドキされられました!

恋愛要素が入ってるミステリーが僕は結構好きなんですよね。

 

 

 テンポが良いけど、内容もしっかりしてて、ワクワクドキドキできる、この本はすごくオススメです!

この小説が良かったという人は、たぶん「仮面山荘殺人事件」もハマるはずです!

sunamerikun.hatenablog.com