すなめりくんの読書ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

クソ面白い社会学の入門書「古市くん、社会学を学び直しなさい!!」

おすすめ入門書 中学生、高校生にオススメの1冊 考えることの面白さを味わう1冊

 古市くん、社会学を学び直しなさい!!

著者 古市憲寿

対談相手 小熊英二佐藤俊樹上野千鶴子、仁平典宏、宮台真司大澤真幸山田昌弘鈴木謙介橋爪大三郎、吉川徹、本田由紀開沼博

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

古市くん、社会学を学び直しなさい!! (光文社新書)

 

 

 最高の入門書に出会うことが、できた。

 

 テレビで良くも悪くも話題の古市さんが、日本を代表する社会学者12人に「社会学ってなんですか?」と問いかけ、対話するという形式で進みます。

 この本は、これから社会学を学びたいと思っている人に向けてはもちろんのこと、社会学って何?と全く興味がない人が読んでも面白いと思える可能性が限りなく高い1冊になっています。

 

 

 

なぜこの本を僕がめちゃくちゃオススメするのか?

この本の構成を社会学ではなく、サッカーに例えるとどんな感じか?

 

 今期待の若手サッカー選手柴崎岳」が日本を代表するサッカー選手、中村俊輔中田英寿中村憲剛本田圭佑スター選手にインタビューをする。

・あなたにとってサッカー(社会学)とは何ですか?

・サッカー(社会学)の魅力は?

・あなたの得意なプレイ(専門の研究分野)について教えてください。

・なんでサッカー選手(社会学者)になったんですか?

 そして、このインタビューを通じて、サッカーの魅力(社会学の魅力、社会学とは何か?)にほんの少しだけ読者にも感じてもらおうという、「入門書のための入門書」となっています。

 

 

 古市さんは、数々の問題発言などでも有名です。実際、僕も…となったものもありました。しかし、インタビュアーとしての魅力は間違いなくありました。大御所社会学者とのコミカルなやり取りはバラエティ番組を見ているかのような面白さを感じることもありました。

 そして、この本の良さは、1人たった20ページしかないのに、1人1人の人となり・キャラクターというものを何となく感じ取れるとこにあります。この社会学者の人のことをもっと知りたい、さらに社会学を深く学びたいと、僕自身が感じています。小熊さん、宮台さんなどは、色々なところで拝見をしていましたが、大澤さん、本田さん、開沼さんなどの本も読みたいと凄く感じています。

 

 そして、僕がなぜ社会学に少なからず関心を抱いているのか、うすうす感じてはいたのですが、それをこの本を読んではっきりと自覚することができました。

すごく良い読書体験ができて感謝したいです。

 

この本を読んでから、以下の「社会学講義」を読むと良い気がする。

sunamerikun.hatenablog.com