すなめりくんの読書ブログ

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

【猫が恋のキューピット】 『猫弁-天才百瀬とやっかいな依頼人たち-』

猫に囲まれた弁護士事務所!

猫が恋のキューピット!

心温まる1冊をよければどうぞ!

 

 

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)

 

お見合い30連敗。冴えない容貌。でも天才。婚活中の弁護士・百瀬太郎は猫いっぱいの事務所で人と猫の幸せを考えている。そこに舞い込むさらなる難題。

 「霊柩車が盗まれたので取り戻してほしい」。笑いあり涙ありのハートフル・ミステリー、堂々誕生! 満場一致で第1位、TBS・講談社ドラマ原作大賞受賞作。

 

 

 

  東大法学部主席卒業、頭脳明晰だけど見た目は冴えない、弁護士事務所の黄色いドアを開けたら猫弁先生と猫ちゃんが迎えてくれる。猫ちゃんに囲まれて相談が できる弁護士事務所に舞い込む依頼(ペット関連が多い)をゆる~く解決しつつ、一癖も二癖もある人々と素敵な触れあいが描かれています。

 本書は6つの短編からなっています。それぞれ、特に関係なさそうな出来事が、実は伏線となって物語終盤に交差します。(こういう感じの「ほっこり」する話が僕は好きです)

 本書は、人が死なないミステリー小説です。ミステリー小説といっても、事件を解決する部分にミステリー性はあまりありません。ひょうひょうと事件を解決して いく過程で各短編で散りばめられた伏線が終盤になって素敵に、意外性をもって交差する部分がミステリーちっくという感じです。

 

 

 

ちなみに続編も出てるのでそちらもおすすめです。(僕は2作目までしか読んでないのですが、また読みたいと思います。)

 

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

 
猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

猫弁と指輪物語 (講談社文庫)

 
猫弁と少女探偵 (講談社文庫)

猫弁と少女探偵 (講談社文庫)

 
猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)

猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)