すなめりくんの読書ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

百瀬、こっちを向いて 【おすすめの恋愛小説】

 百瀬、こっちを向いて

著者:中田永一

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

 

 

「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまではー。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」

恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

(裏表紙より引用)

 

この小説は、本の題にもなっている「百瀬、こっちを向いて。」に加えて、

「なみうちぎわ」

「キャベツ畑に彼の声」

「小梅が通る」

の全4編の短編小説からなっています。

 

この本の魅力として、解説を書いている瀧井朝世さんは、

ソーダ水のような爽やかな甘み

と表現していて、僕も同じように感じました。

 

 登場人物が、高校生から20代前半の恋愛小説ですが、チョコレートのような甘さではなく、またドロドロとしたものでもなく、死が絡むような波乱万丈で起伏が激しいストーリーでもなく、淡々として、ちょっぴり切ない、けれども爽やかな読後感を得られる1冊です。

 登場人物が高校生~20代前半ということもあり、中学生、高校生はもちろんですが、恋愛小説はちょっとな…という人にもオススメできる1冊です!