すなめりくんの読書ブログ

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

高校生男子に読んでほしい恋愛小説『キスまでの距離』

「まだだよ!」

思わず椅子を後ろに倒して立ち上がると、僕は大声で叫んだ。

「まだキスだけだよっ!」

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)

 

 

高校3年になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は…。

(裏表紙より引用)

 

 今回紹介したいのは、市原隼人が主演で映画化された『天使の卵』、大人の恋愛を描いた(というかひたすら性行為を描いた)『ダブル・ファンタジー』、『アダルト・エデュケーション』など、かなり幅広い恋愛小説を書いてきた、村山由佳さんです。

 ちなみに僕は『ダブル・ファンタジー』と『アダルト・エデュケーション』は途中で挫折しました…。

 基本的に読者層は大人の女性となる作品が多いと思います。

 

 

 そんな村山さんですが、今回お勧めする、『キスまでの距離』は高校生の男の子を主人公にしたかなりピュアな恋愛小説です。読者層の対象は、10代~20代の男女だと思います。

 僕は高校生のときに読んでいました。いつかこういう恋愛がしたいなあと思ってました。もう25歳になりましたが、今でも少し憧れたりします(笑)。

 女の子は、もちろん、男の子にこそ読んで欲しいと思います。恋愛小説を探している中学生、高校生男子には特にオススメしたいです。

 続編もあるので面白かった人は是非続きも読んでみてくださいね。

 

 

 

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

 

 『天使の卵』も小説としてのクオリティーは高いと思うんですが、僕的には、話の雰囲気がどうしても重いため読後感もあまりよくありませんでした。 中学生、高校生の女の子とかが好きそうな感じはしますが。

 

 僕的には気楽に、ニヤニヤできる『キスまでの距離』をイチオシします!