すなめりくんの読書ブログ

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

【ラストが衝撃の推理小説】僕が東野圭吾作品の中で1番好きな 「仮面山荘殺人事件」

絶対にラストをチラ見してはいけない小説。

読後感も悪くない、長くもない。推理小説読んだことない、そんな人でも絶対に楽しめる最高の1冊『仮面山荘殺人事件』

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

 

 

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。(裏表紙より引用)

 

 

僕が苦手なミステリーは、

・全体的に重い話、雰囲気

・読後感が悪いもの

です。

 

例えば、東野圭吾さんのなかでは、

「殺人の門」

白夜行

「容疑者Xの献身」

らへんは苦手です。

 

白夜行」や「容疑者Xの献身」の推理小説としてのクオリティの高さは疑う余地はないと思いますし、僕自身も読んで後悔はありません。

しかし、好きか、と問われれば「いいえ」です。

 

 

そんななか、この作品は、ミステリー特有の重さがそんなにないし、読後感も悪くありません。そして、何よりミステリーの部分が良いです!

万人にオススメできる、言わば「ミステリー入門書」と言うべき1冊だと思います!