すなめりくんの読書ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すなめりくんの読書ブログ

これまでの人生で読んで良かったと思う本を紹介していきたいと思います。

ゴリラから幸せな生き方を学ぶ『ゴリラは戦わない』

幸せな生き方について考える1冊

「オスは背中で自分を語る」

「交尾はメスがオスを誘う」

「石橋を叩いても渡らない」

 ゴリラの魅力が沢山つまった1冊をよければ読んでみてください!

ゴリラは戦わない (中公新書ラクレ)

ゴリラは戦わない (中公新書ラクレ)

 

 

ゴリラの世界は、誰にも負けず、誰にも勝たない平和な社会。石橋を叩いても渡らない慎重な性格で、家族を愛し、仲間を敬い、楽天的に生きる。人間がいつのまにか忘れてしまった人生観を思い出させてくれる「ゴリラ的生き方」とは何か? 京都大学総長と旭山動物前園長が、ゴリラの魅力について存分に語り合った話題の1冊!

 

 

 本作は、京大総長でゴリラ研究を長年してきた山極教授と、閉園の危機にあった旭山動物園を再建した旭山動物園元園長の小菅さんの対談です。

本書は単なるゴリラすげという本ではありません。もちろん、そういう面白い内容もたくさんありますが、この本は

 

・ゴリラの生き方から幸せな生き方を考える

・動物園の役割とこれからの発展性を考える

 

ところが話のメインテーマとなっています。

 

 

 

最後に面白かった内容を紹介します。

 

あえて勝とうとしない、でも負けないゴリラ社会

山際 ある程度年齢がいったシルバーバック(ゴリラ)になると、負けるわけにはいかないから、闘い合うとお互いに噛み合うわけです。(略)激しくやり合うと死に至るケースもある。

 だからメスや子どもたちが仲裁に入るわけですね。そこがゴリラのルール。子どもを背中に乗せたメスや子どもが「まあまあ」と間に入ると、オスたちは戦わずして、一応これで収めておくかと。メスの顔に免じて、子どもたちに免じて喧嘩は止めようとなるわけです。これがゴリラの共存のルールです。だからゴリラには「負けた」という姿勢がない。

小菅 ほお~。

山極 そうすると、最後まで戦わないんですね。ゴリラは勝敗をつけたくないから。結局は「しゃあないな」という形で引き分ける。ここで重要なことは 、両方がメンツを保ちながら引き分けられるということ。だから勝敗をつけなくていいわけですよ。

 それと比べてニホンザルはそうはいかない。絶対に勝敗をつけないと収まらない。そういう場合、周りのニホンザルはどうするかというと、みんな強い方に付いて助けるわけです。

(略)

先ほどの話に戻すと、要するに負けまいとする、というか、そもそも負けるという観念、あるいは社会的なルールというものがない。それはつまり、勝つという観念や社会的ルールもないわけですよ。負けるという観念があれば、勝つという観念があるわけですよ。でも、ゴリラにはそれはない。

 我々人間は、負けまいとする行為を見て、こいつは勝とうとしていると思ってしまう。でも「負けまいとする姿勢がとても立派だと感じる心」は、「勝とうとする、あるいは勝った者を称賛する心」よりも、強いんじゃないかと。

小菅 そうですね。

山極 これ、微妙に違うんですよ。

小菅 違いますね。

 そして、この負けないとするゴリラの姿勢は、相手の上に立つことではなく、相手と同等の立場を築くということだと山極さんは言います。このことに関して、

山極 これはメスのゴリラでもそうです。京都市動物園のゴリラ、ゲンキとその母親のヒロミの二頭のメスがいましたが、ヒロミはものすごい負けん気が強いですから、ヒロミより2倍も大きいオスのゴンが力を振るおうとすると、もう食ってかかるわけですね。

 ゴンは、たじたじとなって、「う~ん」といって引き下がる。オスとメスでは体力が違うわけだから、ヒロミのことをねじ伏せようと思えば簡単な筈なんだが、それをやらない。それだけ、お互い体の差は違っても、対等であるということを凄く意識している。

(略)

人間がそれを見て、「カッコいい」と思うのは、我々人間の社会もそういう道を歩んできたきたからだと思うんです。

 なるほど、僕たち人類は、チンパンジー型社会ではなく、ゴリラ型社会だと。少なくとも、そうなろうと努めているということですね。

しかし、あなたは現実の人間社会がそうなっていると断言できますか?

(僕はぜんぜんできません(笑))

山極 「負けたくない」という気持ちを大事に育てないと。でも、世の中には、「勝ち組になるか、負け組になるか」みたいなことを、大人が気にするじゃないですか。

小菅 そうですよね。最近その価値観が蔓延していますよね。 

 いわゆるサル的な、勝ち負けをつけたがる価値観の蔓延というものによって僕たちの社会はどのように変化したのでしょうか?

山極 だから親は、子どもが幼い頃から勝ち組の仲間入りができそうな「いい学校」に合格するために頑張ったり、負け組になったらダメだからということで、せかせかと子どもを引っ張りまわして、浅ましいですよね。

 もともと、地域社会と言うのは、バランスを取りながら、適正な規模でつくられていったと思うんです。ところがここへ来て、それが崩れて、家族といった、身近な支援組織もだんだんと身の回りから消え去って、近所付き合いもしなくなってしまった。結果、孤独感を味わう人が増えたんじゃないか。

 頼る人がいないから、自分が強くならなければいけないという状況に置かれると出てくるのが、「勝たないといかん」という考え。ある意味、焦燥感に晒されている気がしますね。だから、考えてみれば、「負けなければいい」というのは、余裕がある社会なのですよ。

小菅 そうかもしれません。「負ける」ということで生存権もなくなってしまうような社会だったら、勝ち続けなければいけませんからね。

山極 そうなんですよ。だからそのために、将来に対して「保険」をかけて、自分が負けなくてもいいような準備を、今からしているわけでしょ。

(略)

 だって、人々の信頼関係をきちんと築けていれば、歳を取ったところで心配ないわけだし、保険なんかかける必要もないわけでしょう。そもそも保険をかけるということは、自分が病気になった時、あるいは怪我をした時に、周りの人に迷惑をかけたくないとか、自分が十分なケアを受けられるようにとか、それを心配するわけです。

 ところが、昔はそういうことをみんな心配しなかった。それは、誰かが自分のことも気を配ってくれる筈だという自信があったからです。つまりはみんなが対等だったわけです。

 ところが現代社会は、下手をすると自分が見捨てられてしまうかもしれない。だから今のうちに自分が稼いだお金の一部を使って、その心配を払拭しておきたいという。結局、人を信用できなくなっちゃっているわけですよね。それが、日本社会が孕んでいる落とし穴だと思いますよ。

 

もちろんゴリラの生き方をまんま実践するなんて無理です。しかし、よりよい幸せのために、ゴリラの振る舞いを通して生き方を見つ直すことは大切ではないかと感じました。

上記の内容の引用の部分の内容と似たようなことを内田樹さんが以下の本で仰っていました。よければこちらもどうぞ!

sunamerikun.hatenablog.com

 

 

 本書では紹介しきれませんが、本当にゴリラはカッコよかったです。こんなカッコイイやつに僕もなりたい!!ゴリラの魅力が詰まった1冊、よければ読んでみてください。

 

 

 

余談ですが、動物の意外な一面について fun 的な面白さをより強く求めるのであれば以下の書籍をおすすめします。書店で少し立ち読みしましたが、え?マジで!!という内容が盛り沢山で面白かったです。

子供に言えない動物のヤバい話 (角川新書)

子供に言えない動物のヤバい話 (角川新書)